バカラの罫線使い方まとめ – 罫線の種類と使い方

バカラには、今までの勝敗履歴を記録した罫線(けいせん)というものがあります。罫線は、次の出目を予想する判断材料として使われます。

ほとんどのギャンブルには「ギャンブルの波」というものがあり、バカラにもその波があります。罫線は「ギャンブルの波」を見つけるために重要な指標になりますので、罫線を理解してバカラをプレイすると、勝率をあげることができます。

ここでは、そんなバカラの罫線の種類と使い方についてご紹介します!

1. 罫線の使い方

罫線_使い方

罫線はバカラの勝敗履歴を記録していくデータです。ここでは、最もよく使われる大路(ダイロ)の使い方について説明します。

記録方法はシンプルで、プレイヤーが勝利すれば青丸()、バンカーが勝利すれば赤丸()、引き分けの場合はチェック( / )を記載します。

そして、連勝した場合は下の欄に記録していき、勝敗が入れ替わった場合には右横の欄に記録していきます。

2. 罫線の種類

オンラインカジノでライブバカラをプレイする際、罫線は基本的にディーラーの下に表示されます。

ランドカジノ(実店舗型カジノ)では、モニターに表示されるのですが、バカラが人気のアジア(マカオやシンガポール)では、必ずと言っていいほど罫線が用意されているのですが、ラスベガスやオーストラリアでは罫線がないカジノもあります。

罫線がないとかなりリスクが高いプレイになりますので、バカラをプレイする際は、罫線が用意されたテーブルでプレイしましょう。

keisen_shurui

罫線の種類はいくつかあって、種類によって使い方が異なります。

大路(ダイロ)

keisen_dairo1
大路は罫線の中でも最もよく使われ、その他の罫線は大路の最新の出目を基準に比較して記録していく仕組みになっております。

大眼仔(ダイガンチャイ)

keisen_daiganchai
大眼仔(ダイガンチャイ)は、大路の最新の出目を基準にして、一列前と比較して記録していく罫線です。大路の情報だけでは、判断が難しい時に大眼仔の動きを参考にして予想していきます。

基本的な記録方法は、一列前の動きが同じであれば赤丸()、違う動きをすれば青丸()を記載していきます。より具体的な内容については、下記の記事で解説していますので、参考にして下さい。

小路(シュウロ )

keisen_shuuro
小路(シュウロ )は、大路の最新の出目を基準にして、2列前と比較して記録していく罫線です。大路(ダイロ)や大眼仔(ダイガンチャイ)の情報だけでは、判断が難しい時に小路の動きを参考にして予想していきます。

基本的な記録方法は、2列前の動きが同じであれば赤丸()、違う動きをすれば青丸()を記載していきます。より具体的な内容については、下記の記事で解説していますので、参考にして下さい。

甲由路(カッチャロ)

keisen_kaccharo
甲由路(カッチャロ )は、大路の最新の出目を基準にして、3列前と比較して記録していく罫線です。大路(ダイロ)や大眼仔(ダイガンチャイ)、小路(シュウロ )の情報だけでは、判断が難しい時に甲由路の動きを参考にして予想していきます。

基本的な記録方法は、3列前の動きが同じであれば赤丸()、違う動きをすれば青丸()を記載していきます。より具体的な内容については、下記の記事で解説していますので、参考にして下さい。


オンラインカジノランキング

onlinecasino_ranking
数あるオンラインカジノの、信頼性・使いやすさ・決済・ボーナス等に分類した調査と管理人が実際にプレイすることで得た情報をもとに評価した総合ランキングです。

総合評価を見る