オスカーズグラインド法

目次

Contents

1. ハイリスクハイリターン!オスカーズグラインド法とは?

オスカーズグラインド法は、勝負に勝った時に賭け金を1単位ずつ増やしていく戦略です。

1単位とは、プレイヤーが任意で決めることができます。例えば、1単位=2と設定すれば、勝つたびに2・4・6・8と2の倍数で賭け金を増やしていき、5と設定すれば、勝つたびに5・10・15・20と5の倍数で賭け金を増やしていくベットシステムです。

負けた時には、単位を増やさず1単位だけ賭けていきます。

2. オスカーズグラインド法のベット方法

オスカーズグラインド法は、単位毎にベットしていく攻略方法です。ゲームに勝利した時はベットする単位を増やしていきます。ゲームに勝利した時の流れは以下のようになります。

ゲームに勝利した時のベットの流れ
ゲーム回数 ベット額 勝敗 累計損益 解説
1 1単位 勝ち 1単位 勝利する毎にベット額を1単位ずつ増やす
2 2単位 勝ち 2単位
3 3単位 勝ち 3単位
4 4単位 勝ち 4単位
5 5単位 勝ち 5単位
逆に勝負に負けた時は単位を変えずにベットします。

ゲームに負けた時のベットの流れ
ゲーム回数 ベット額 勝敗 累計損益 解説
1 1単位 負け -1単位 勝利する毎にベット額を1単位ずつ増やす
2 1単位 負け -2単位
3 1単位 負け -3単位
4 1単位 負け -4単位
5 1単位 負け -5単位
尚、オスカーズグラン法には「利益が出たらセットを終了する」、「収支が± 0になった時点でセットを終了する」という2つのルールがあります。利益は少ないですが、長期戦でコツコツ稼いでいきたい方にはおすすめの攻略法です。

オスカーズグラインド法の2つのルール

【利益が出た時点でセット終了】

ゲーム回数 ベット額 勝敗 累計損益
1 1単位 負け -1単位
2 1単位 負け -2単位
3 1単位 勝ち -1単位
4 4単位 勝ち 1単位
【収支が±0になった時点でセット終了】

ゲーム回数 ベット額 勝敗 累計損益
1 1単位 負け -1単位
2 1単位 負け -2単位
3 1単位 負け -3単位
4 4単位 勝ち -2単位
5 2単位 勝ち 0単位

3. オスカーズグラインド法のメリットとリスク

オスカーズグラインド法のメリット

オスカーズグラインド法はセット終了後に1単位の利益を得ることが出来ます。また、仮にゲームに負けた回数が、勝利した回数を上回っても±0もしくは1単位分の利益をえることが出来ます。

オスカーズグラインド法のリスク

オスカーズグラインド法のリスクとして、連勝できないと勝負が長引くという点があります。(セット終了が長引きます。)

ゲーム回数 ベット額 勝敗 累計損益
1 $1 負け -$1
2 $1 負け -$2
3 $1 勝ち -$1
4 $2 負け -$3
5 $2 勝ち -$1
6 $3 負け -$4
7 $3 勝ち -$1
8 $4 負け -$5
9 $4 勝ち -$1
10 $5 負け -$6

4. オスカーズグラインド法のリスク対策とポイント

オスカーズグランインド法には勝敗が交互し、なかなか収支が±0に戻らないというリスクがあります。

大幅に損失が増える攻略法ではないのですが、なかなかセットが終了できないことがあります。

そのような場合には、マイナスが小さい時に一度損切りしてセットを終了させた方がいいかもしれません。または、勝敗が交互し流れがあまり良くない時は勝利してもベット額を1単位増やさないという、対策もあります。

ポイント

1. ベット額:1単位あたりのベット額を設定する。
2. 勝負に勝利した時:ベット額を1単位上げる。
3. 勝負に負けた時:ベット金額はそのまま。
4. セット終了タイミング
-. 収支が±0になった時。
-. 利益が出た時。
5. 注意点
-. 勝敗が交互した時はベット額が少ない時に損切りする。
-. 勝敗が交互した時に勝利しても単位を上げずに次のゲームを行う。