Asia Gaming(アジアゲーミング)

アジアゲーミング(Asia Gaming)は主にアジア市場でその名を轟かすゲームプロバイダーで、アジアを筆頭に全世界で人気のあるリーディングカンパニーです。また、バカラに関しては多くのプレイヤーに絶大な支持を集めており「超ハイローラー向けのゲーム」を提供しております。

目次

Contents

1. アジアゲーミング(Asia Gaming)の基本情報

asiagaming_logo
名称 アジアゲーミング(Asia Gaming)
設立 2012年
ライセンス -. First Cagayan(フィリピンファーストカガヤン) -. PAGCOR (The Philippine Amusement and Gaming Corporation)
ゲーム監査機関 Gaming Laboratories International (GLI)
オンラインカジノ エンパイア777 /パイザカジノ/ ビットカジノ
特徴 超ハイローラー向け

2. アジアゲーミングの特徴

アジアゲーミングはオンラインカジノのゲームプロバイダーでも、比較的新しい会社ですが急成長した理由が2つあります!

超ハイローラー向け!!

Asia Gamingの特徴は何と言ってもそのテーブルリミットです。最高テーブルリミットは驚きの $60,000 (日本円で約600万円)です!Asia Gamingには、ハイローラーが集まるといいますが、このテーブルリミットがその理由です。資金力に自信のあるプレイヤーは一度試してみては如何でしょうか?
VITO
いや〜僕は一生働いてもプレイすることはできないと思いますが、2連勝てば1200万でしょ??狂ってますねww

日本のセクシー系女優を広告に起用し中華圏で人気急上昇!

asiagaming_特徴2 Asia Gamingの特徴はプロモーションが非常に派手な点も挙げられます。

今アジア各国では日本のセクシー系女優が非常に人気を集めており、中華圏の映画やドラマにも出演している女優さんも少なくはありません。そんな、今話題のセクシー女優をプロモーションに採用し、アジアマーケットでの周知に取り組んでおります。

特にAsia Gamingで起用された、吉沢明歩さん、並木優さん、麻生希さん、Juliaさん、天使もえさん、横山美雪さん、沖田杏里さん、波多野結衣さん、高橋しょうこさんは、中華圏の富裕層に非常に人気があるとのことです。

Asia Gamingが人気な理由は、ただテーブルベット額が高いということや、ゲームが面白いということだけじゃなくプロモーションにも拘って、人気を集めているんですね。

VITO
情報筋によれば、日本でセクシー系女優を起用したオンラインカジノ会社は費用対効果がなかったみたいで、失敗しているみたいですが、中華圏ではやはり、日本のセクシー系女優の人気は凄いんですね!

3. アジアゲーミングの雰囲気

アジアゲーミングのテーブル種類は豊富で、中華圏のプレイヤーをターゲットにしているだけに、マカオに近いイメージです。

Asia Gamingトップ画面

asiagaming_top1 サイドバーを見れば「EURO」というボタンがあるのですが、Asia Gamingではアジア系のディーラーだけでなく、ヨーロッパ系のディーラーも選ぶことができます。ここでもAsia Gamingが世界のプレイヤーに人気があるという事がわかります。

Asia Gaming テーブル

asiagaming_table 各テーブル保有クレジット、ベット額、国籍は表示されます。他のプレイヤーが、どの様なベットをするのか観察しながら遊ぶのもバカラの楽しさの一つです。また、ディーラーの美女レベルも非常に高いです!テーブル画像のTaylorさん、可愛すぎてゲームに集中できません!
アジアゲーミング美女ディーラー TOP5

4. アジアゲーミングのバカラテーブルとベット額

AGIN バカラ(C1~C6) $5-$1,000
AGIN  Dragon Tiger(C7) $5-$1,000
AGQ バカラ(B1~B6) $5-$1,000
AGQ  Dragon Tiger(B21) $5-$1,000
EURO バカラ(D51,D52) $5-$1,000
VIP バカラ(T023~T030) $2,000-$60,000
EMPIRE777(エンパイア777)のベット可能額を抜粋

5. アジアゲーミングがプレイできるオンラインカジノ

エルドアカジノ(ELDOAH CASINO)|旧パイザカジノ

2020年10月1日
Empire777_top

エンパイア777 (Empire777)

2018年11月23日
bitcasino_top

ビットカジノ(BIT CASINO)

2018年11月9日