エコペイズ(ecoPayz)

【2019年版】オンラインカジノ決済はここしかない!(ecoPayz)

 

日本では2016年にネッテラーのギャンブル利用が禁止となり、オンラインカジノをプレイヤーは不便でしたが、ネッテラーと肩を並べる決済サービスがあります。ここではネッテラーに続く電子決済サービス「エコペイズ(ecoPayz)」をご紹介致します。

エコペイズ(ecoPayz)とは?

 

ecoPayz は、イギリスに拠点を置くPSI-Pay 社が提供しているブランドの一つです。PSI-Pay社は、2007年からサービスを提供し始め世界中の企業に支払いソリューションを提供している大手金融サービス会社で、銀行業務や代金支払いに関してグローバルで幅広い経験を持った金融業界の専門家によって形成された企業です。

ecoPayzはグローバルな電子決済サービスで、オンラインカジノのプレイヤーの中では知らない人がいない程有名な電子決済サービスです。

エコペイズ_圧縮

エコペイズ(ecoPayz)登録方法

 

エコペイズ(ecoPayz)を運営する会社、サービスについてご理解頂けたでしょうか? 次は登録方法についてご説明させて頂きます。

① ecoPayzのホーム画面右上にある「サインアップ」をクリックして下さい。「サインアップ」をクリックすると、アカウント情報、個人情報の入力画面に遷移します。
② アカウント情報を入力して下さい。必要な情報は以下になります。

②で必要なアカウント情報

1. メールアドレス 2. 確認用メールアドレス 3. パスワード 4. 確認用メールアドレス 5. 所在地 6. 言語 7. 通貨

 
③ 個人情報を入力して下さい。必要な情報は以下になります。

③で必要な個人情報

1. 名前(姓名) 2. 誕生日(日、月、年に分かれています) 3. 住所 4. キャプチャ認証(表示されている番号を記入して下さい)

 
④最後に利用規約に同意頂き、エコペイズからのお知らせを受け取る方法にチェックを入れれば、アカウント作成申請完了です。

入金について

 

エコペイズの入金方法ですが、以下の方法があります。

 国際銀行送金
 クレジットカード(現在使用不可)
 ローカル入金(銀行振替・仮想通貨・ポケットチェンジ)
 ecoVoucher(エコバウチャー)

1. 国際銀行送金

国際銀行絵の送金には申請から3日〜7日かかります。手数料は入金金額の0%〜7%+コルレス銀行(*)の手数料および国際送金手数料(数千円〜)です。
*コルレス銀行とは「Correspondent Bank」の略称で、海外送金の際に通貨の中継地点となる銀行のことを指します。

2. クレジットカード

現在エコペイズでは、クレジットカードでの入金ができなくなっております。クレジットカードで入金する場合はエコペイズにカードを登録する必要があります。

3. ローカル入金(3種類)

銀行振替オプション(Wire pay)

銀行振替オプションはエコペイズが指定する国内決済サービスに振り込めばあなたのエコペイズ口座に入金されるというサービスです。国内間取引なのでスピードも早いです。(振込後1営業日以内にエコペイズ口座に振り込まれる)手数料はエコペイズ手数料5%+為替手数料2.9%です。

ポケットチェンジ(Pocket change)

ポケットチェンジは海外の旅行客が余った旅行先の通貨を電子マネーに交換できるサービスです。ポケットチェンジは、エコペイズへ即時入金は可能ですが外国人用に作られたサービスなので、端末が空港もしくは、主要都市に一部設置してあるだけです。また手数料は無料なのですが、為替レートが15%以上割高なのでオンラインカジノでよく使われる決済サービスに比べて割高になります。

仮想通貨オプション(Alternative Payments)

仮想通貨での入金は、デンマークのブロックチェーン決済会社、コイニファイ(Coinify)を使用した仮想通貨を利用して、エコペイズへの入金が可能になリました。

日本でも比較的よく使われるビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ether)以外にも以下のコインが利用可能です。

その他使用可能なコイン

ライトコイン(Litecoin) ドージーコイン(Dogecoin) ノヴァコイン(Novacoin) レッドコイン(Reddcoin) ディジバイト(Digibyte) マスターコイン(Mastercoin) スタートコイン(Startcoin) ストレージ(Storjx) カウンターパーティ(Counterparty) テザーUSD(TetherUSD) ニュビッツ(Nubits) ビットコインキャシュ(Bitcoin Cash) ペアコイン(Peercoin)

エコペイズ手数料はかからないですが、レートはコイニファイのレートになります。送り元の仮想通貨取引所レートで入るわけではないので注意してください。入金スピードは非常に早くビットコイントランザクションに詰まりがなければ30分以内に入金が完了します。

4. ecoVoucher(エコバウチャー)

ecoVoucherは2018年10月からエコペイズで新たに登場した決済サービスです。ギフト券のようなもので、エコバウチャー販売所で購入することができます。しかし、為替レートが割高で手数料も発生しますので、あまりオススメはできません。(為替レートは約13%割高+手数料2.9%)

エコペイズ_入金_圧縮

出金について

 

エコペイズの出金方法は、以下の2つの方法があります。

 高速ローカル出金
 国際銀行出金

1. 高速ローカル出金

高速ローカル出金は2018年10月に新たに追加されたサービスで、日本の収納代行会社を通してローカル出金するサービスです。出金スピードは国内の収納代行会社を利用しているだけあって非常に早く、3営業日以内と公表されていますが、早くて翌営業日には着金確認ができるスピードです。

出金手数料は出金額の1%(最低15ユーロ)+為替手数料シルバーアカウントで2.9%、ゴールドアカウントだと1.49%です。

高速ローカル振込_圧縮

2. 国際銀行出金

国際銀行出金は海外送金で出勤する方法です。手数料は出勤手数料10ユーロ+コルレス銀行手数料(中継地点銀行手数料)+被仕向け送金手数料(受け取り銀行側が支払う手数料)が発生します。

 

銀行によって手数料が違いますが、目安としてメガバンクで4000円〜被仕向け送金手数料がかからない、新生銀行やソニー銀行で2500円〜です。入金スピードは3営業日〜1週間ほどかかります。

海外銀行振込_圧縮

状況に応じて出金方法を変えていく必要があるかと思いますが、日本国内で少額の出金を希望される場合、迅速で手数料が安い「高速ローカル出金」がおすすめです。

高額の場合も、「国際銀行出金」の方が手数料面で安くなる可能性があリますが、マネーロンダリングやテロ対策等の関係で個人情報や用途についても具体的に開示しなければならない可能性がありますので、その点を見てもやはり「高速ローカル出金」が便利かと思います。

エコペイズ(ecoPayz)のメリット・デメリット

 

エコペイズの登録方法から決済方法まで紹介しましたが、だいぶご理解頂けたでしょうか?最後にエコペイズのメリット・デメリットについて簡単にまとめます。

デメリット
-. 手数料が少しお高め
メリット
1. 登録が簡単(マイアカウントもわかりやすく、便利)
2. 決済バリエーションが豊富(新しいサービスを提供し続けている)
3. サポートも日本語でしっかりと対応してくれる
 ecoPayz が使えるオンラインカジノ

Online casino with ecoPayz


インターカジノ

ベラジョンカジノ

カジノエックス