スマホ専門決済サービスのマッチベターは便利!その特徴とメリット・デメリットを詳しく解説しますオンラインカジノなどの決済に利用できるマッチベターはスマホ専門のオンライン決済サービスです。

その使い勝手はどうなのか、気になる方も少なくないと思います、そこでマッチベターの特徴をメリットや注意点とともに解説します。 またマッチベターの使い方も説明しているので参考にしてください。




マッチベターのサービス概要

マッチベターとはどのようなサービスなのか、わからない方が多いと思いますので、まずは決済サービスや信頼度についてざっくり説明していきたいと思います。

マッチベターのサービス内容

マッチベター(Much Better)は2018年にサービスを開始したサービスで、2020年1月に日本語に対応したオンライン決済サービスです。

マッチベターのアカウント口座へ入金することで、海外サービスへの送金や個人間送金ができます。 マッチベターは専用アプリでのみ使用できるのが大きな特徴です。

公式サイトはありますが新規登録のみ対応し、あるいは新規登録をタップするとアプリのダウンロードを促されます。

マッチベターへの入金方法はクレジットカード、仮想通貨、アストロペイがあります。 クレジットカードはほかのオンライン決済サービスで対応していないJCBにも対応しているのが特徴です。 ただしJCB以外のクレジットカード入金ではオンラインカジノへ送金できない点に注意が必要となります。

サポートはもちろん日本語に対応しています。support@muchbetter.coへメールを送れば、日本語で対応してくれます。

マッチベターの運営会社

マッチベターを運営するのはイギリスのMIR Limited UK Ltd.という会社です。 FCA(イギリス金融行動監視機構)のライセンスを取得しているので、その安全性は問題ないでしょう。

またクレジットカード会社のMasterCardと提携し、英国プレミアリーグのウエストハム・ユナイテッドのメインスポンサーを努めるなど信頼性も高く、モバイル決済サービスを評価する賞も多く受賞しています。 以上からマッチベターは安心して利用できるサービスであると考えられます。


マッチベターでできること

オンライン決済サービスのマッチベターを使って何ができるのかを説明します。

マッチベターへの入金と出金ができる

マッチベターはまずアカウント口座へ入金することで、海外サービスへの送金ができるようになります。 またチャージ式ではないので、マッチベターに入金したお金は自分の金融機関の口座へ出金できます。

マッチベターへ入金した日本円は、口座設定した外貨に換金された状態で口座に保管されます。この口座を使って、オンラインカジノなどにおける決済を行います。

ただし、一度換金された外貨をマッチベターのアカウント内でほかの外貨に両替することはできません。 たとえば米ドルに換金した場合、それをユーロに変えることはできないということです。

ユーロを使う場合にはアカウント口座をユーロに設定しておく必要があります。 マッチベターのアカウント口座はふたつあります。「ゲーミング」口座と「ゲーミング以外」口座です。

オンラインカジノへ送金する場合には必ず「ゲーミング口座」から手続きをする必要があります。

海外サービスでの決済

マッチベターに入金すれば、オンラインカジノなどの海外サービスでの決済に使えます。 マッチベターから海外サービスへ入金し、逆に海外サービスからマッチベターへ出金できるということです。

これにより、オンラインカジノから銀行口座へ毎回送金せずに済みます。

オンラインカジノは必ず入金したルートで出金するという決まりがあるので、マッチベターで入金したオンラインカジノのキャッシュはマッチベターへ送金することになります。


マッチベターの取扱通貨

マッチベターで扱っている法定通貨は次のとおりです。マッチベター内のアカウント口座はこのいずれかに設定することになります。

  • 日本円(JPY)
  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • ポンド(GBP)
マッチベターへ入金した法定通貨を口座で設定した通貨に換金する場合、両替手数料は為替レートにより異なりますが、通貨換算は0.99%~となっています。


マッチベターの入出金方法

マッチベターでの入金と出金の方法について説明します。

マッチベターへの入金は3種類

マッチベターで対応している入金方法と手数料は以下のとおりです。 入金手続きをすれば、すぐにマッチベターの口座に反映されます。

最小額は10ドルとなっています。

決済種類手数料
クレジットカード(JCB)なし
クレジットカード(VISA)2.5%
クレジットカード(MasterCard)2.5%
仮想通貨2.0%
アストロペイ6.0%
入金手段としてはクレジットカード、仮想通貨、アストロペイの3種類に対応しています。

仮想通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)が使えます。 クレジットカードですが、オンラインカジノの決済に使う場合にはJCB以外では入金できません。

それ以外の目的であれば、VISAやMasterCardで入金できます。

マッチベターへの入金における注意点

マッチベターへ入金する場合、「ゲーミング」か「ゲーミング以外」のどちらかの口座を選択するようになっています。 オンラインカジノへ送金するのであれば、必ず「ゲーミング」を選ぶようにしましょう。

ただしクレジットカードはJCB以外は「ゲーミング」を選ぶことができないので注意が必要です。 オンラインカジノやブックメーカーはゲーミングに該当するので、これらの決済にマッチベターを使用する場合には必ずJCBを使うようにしましょう。

マッチベターからオンラインカジノへの送金

マッチベターからオンラインカジノへ送金する場合、「ゲーミング」口座から行うことになります。

一度「ゲーミング以外」口座に入金したお金は「ゲーミング」口座に移せないので注意しましょう。 オンラインカジノからマッチベターへ送金する場合にも同様に、「ゲーミング」口座へ戻すようにします。

マッチベターからの出金は2種類

マッチベターのアカウント口座から出金する方法は次の2種類があります。

決済種類手数料反映時間
銀行送金3%+10ユーロ3~5営業日
仮想通貨2%3~5営業日
最小額は銀行送金が100ドル、仮想通貨は15ドルとなっています。

マッチベターからの出金手続き

マッチベターから銀行送金を利用して出金する場合には、銀行口座情報などを入力する必要があります。 前もって登録するのではなく、都度入力する点に注意しましょう。

銀行名は日本語だとエラーが出るので、英語表記にします。正確な表記がわからなければ、各銀行で公表しているので確認しておきましょう。

仮想通貨で出金する場合には、自分が保有する仮想通貨アドレスを入力することで、アドレス宛に送金されます。


マッチベターの登録方法

マッチベターの登録方法を説明します。

会員登録
まずはマッチベターの公式サイトを開きましょう。こちらの右上にあるメニューボタンをタップすれば、次のような画面になります。

ここで「無料登録」をタップすれば、アプリをダウンロードするためストアが開きます。ここでアプリをダウンロードすれば、登録手続きができます。
電話番号登録
まずは電話番号(最初の”0”は除く)とログインの歳に使用する4桁のパスコードを入力します。

ウェブから登録した場合には、ひと通り入力を終えたあとにアプリを開き、電話番号とパスコードを入力しましょう。登録した電話番号にSMSで6桁のコードが届きます。

そのコードを入力すれば、登録は完了です。
本人確認の手続き
続いて本人確認の手続きをします。これは登録しただけでは利用制限がかかっているからです。

まずはマッチベターのアプリを立ち上げ、「課金」をタップすると「追加書類の提出」画面が開きます。 ここで名前や住所、メールアドレスなどの個人情報を入力していきます。

ここで注意が必要なのは、名前は日本語表記にするということです。英語表記では銀行送金で出金する際に処理されないことがあるからです。 また漢字よりも「ひらがな」や「カタカナ」のほうが出金されやすいとの意見もあります。

通貨選択はオンラインカジノなどで使う通貨を選びましょう。 変更する場合はサポートへ連絡すれば、あとで変えることができます。

本人確認書類として提出できるのは、写真が付いたパスポートか運転免許証、マイナンバーカードのいずれかです。 あとはカメラで自撮りして申請すれば完了です。

また利用限度額が初期設定では1回40ドル、年間で140ドルとなっているので、引き上げておきましょう。

メリット

マッチベターを使うとどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

JCBクレジットカードで入金できる

マッチベターの大きなメリットは、クレジットカードのJCBで入金できることです。

逆にそのほかの国際ブランドではオンラインカジノに送金できないので注意しましょう。 海外で運営されるオンライン決済サービスのほとんどは、国内ブランドであるJCBには対応していません。

オンラインカジノでもJCBによる入金に対応していないところが多いので、JCBのクレジットカードを持っている人にとっては有難いサービスと言えるでしょう。

仮想通貨での送金ができる

マッチベターでは仮想通貨での入金ができますが、そのままオンラインカジノへ送金することができます。

これにより、仮想通貨を扱うオンラインカジノの入出金はマッチベターで管理できるようになります。仮想通貨に対応するオンラインカジノが増えてきているので、資金の一元管理ができるのは便利です。

ただし日本円などの法定通貨で入金した場合、マッチベターのアカウント内で仮想通貨に換金することはできません。 *上記シチュエーション(法定通貨→仮想通貨)に於いては、STICPAY(スティックペイ)を利用すると可能ですので、以下記事をご参考にして下さい。

STICPAY(スティックペイ)とは?

2019年3月7日


注意点

マッチベターを使用する際の注意点も心得ておきましょう。

銀行送金での入金ができない

マッチベターはクレジットカードと仮想通貨、アストロペイでの入金に対応しています。銀行送金が利用できないのは心許ないかもしれません。

実際にはオンライン決済サービスはクレジットカードでの入金が多いかもしれませんが、オンラインカジノに対する規制をするカード会社もあります。 マッチベターではVISAとMasterCardの国際ブランドは、オンラインカジノでの使用を禁止しています。

JCBのみはそのような規制がありませんが、今後どうなるのかはわかりません。 もし対応しなくなれば、仮想通貨とアストロペイのみでの入金となります。

アカウント口座はひとつのみ

マッチベターではアカウント口座はひとつのみとなっています。

米ドルやユーロなど、オンラインカジノやブックメーカーによって異なる通貨を使う場合には設定を切り替える必要があります。

通貨設定の切り替えはサポートに連絡して対応してもらうため、手間がかかるのが難点です。 多くのオンラインカジノは米ドルで利用できますが、ユーロを使いたい場合には不便かもしれません。

ただ、正確にはアカウント口座は、「ゲーミング」と「ゲーミング以外」に分かれています。このどちらかを選択することになっているので注意しましょう。オンラインカジノで利用するのであれば、「ゲーミング」口座を選んで入金する必要があります。

マッチベター内での通貨換金には対応していない

マッチベターは口座がひとつのみなので、アカウント内で通貨の換金はできません。

たとえば日本円で管理しているアカウント口座の残金を米ドルに換金するという処理には対応していないということです。

通貨を変更する場合には、サポートへ連絡して口座での取扱通貨そのものを変更する必要があります。 複数のオンラインカジノを利用しており、さらに米ドルやユーロなど異なる通貨を使う場合には不便かもしれません。

出金に時間がかかる

マッチベターは銀行送金でも仮想通貨でも、着金するまで数日間かかるのが難点です。 スピーディにオンラインカジノなどのお金を手元に戻したい人にとっては不便かもしれません。

ただし銀行送金は海外送金ではなく、国内口座からの送金になるので銀行からの問い合わせはないでしょう。 海外から送金されたお金に関しては、銀行はその内容を確認する必要があります。 そのような手間がかからない点は便利です。

マッチベターに対応するオンラインカジノが少ない

マッチベターはサービスが始まってまだそれほど経っていないため、対応するオンラインカジノが少ないのが難点です。ただし、次のように日本でメジャーなオンラインカジノの多くはマッチベターに対応しています。

1
wondercasino
ボンズカジノ

ボンズカジノの特徴

  • 決済種類が豊富
  • ゲーム数が豊富
  • 入金不要$40

入出金方法

muchbetter master bitcoin bank
2
verajohn
ベラジョンカジノ

ベラジョンの特徴

  • 操作性抜群
  • 初心者向け
  • 豊富なゲーム数

入出金方法

muchbetter master bitcoin bank
3
leovegas
レオベガス

レオベガスの特徴

  • 大手の安心感
  • ゲーム種類が豊富
  • 入金不要フリースピン

入出金方法

muchbetter visa bitcoin bank
4
casinome
カジノミー

カジノミーの特徴

  • スロット種類が豊富
  • ミーストアでBUY
  • 日本語サポート万全

入出金方法

muchbetter master bitcoin bank

まとめ

マッチベターはスマホ専用のオンライン決済サービスとあって、その使い勝手は良いものと言えるでしょう。

銀行送金での入金には対応していませんが、JCBカードに対応しているのは嬉しいものです。日本語に対応しているオンラインカジノで人気があるものはたいてい、マッチベターで決済できます。