日本のバカラマシンがマカオMGMで稼働中!

セガサミーグループのカジノ機器メーカー、セガサミークリエイションは、2月12日、電子カジノマシン「BACCARAT MAXIMUM FORTUNE」をマカオにある大型カジノ施設「MGMマカオ」に設置し、稼働を開始したと発表。

設置先となる「MGMマカオコタイ」は、MGMチャイナホールディングスが運営するIR(統合型リゾート)で、約600室のホテル客室、SPA、コンベンション施設、レストラン等を併設している。

中華圏で人気のバカラを再現

同機はマカオのカジノで最も人気がある「バカラ」をモチーフにした機械で、上に書かれた「百家楽」は、中国語で「バイジャーラ」と読み、バカラを意味する。

罫線を見ながら勝負予想も可能

スタンドアローン型のETG(エレクトロニック・テーブル・ゲーム)。筐体には32インチの大型アッパーモニタを搭載している。バカラ勝敗のカギを握る、「罫線(履歴データ)」も表示されるので、それを見ながらプレイする事も可能だ。

プレイヤーのテンポに合わせたプレイが可能

バカラの醍醐味であるスクイーズもリアルに再現しており、本物さながらの「絞り」も演出してくれるとのこと。

プレイヤーによっては、スクイーズは時間がかかるから、もう少しテンポよくゲームを進めたいという人もいるだろう。そんなプレイヤーや、勝敗予想が難しいゲームに対してはベットせずに「アクションボタン」を押せば、瞬時にゲーム結果が確認でき、ゲームをスキップできる機能も搭載している。

プレイヤーのゲームテンポに合わせて機能を調整できるのも、高評価を受ける要因の一つ。

今後の活躍にも期待

BACCARAT MAXIMUM FORTUNE」は、すでにマカオの別のカジノ施設で稼働しており、同社によれば、高い評価を受けているとしている。今後も複数のカジノへ導入予定とのこと。セガサミークリエイション社製のカジノマシンは2015年以降マカオの複数の大型IRのカジノフロアで稼働しており、設置先が拡大中とのこと。

 信頼で選ぶなさらこのオンラインカジノがおすすめ

Reliable online casino


インターカジノ

ベラジョンカジノ

チェリーカジノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください