【第2弾 5回目】攻略法を駆使して貯めた収益を一発ベット!| Casino-X

今週の出張を控えて、社内申請事項と商談準備に追われております、バカラ大好きVITOでございます。

さてさて、今回の出張の際、暇つぶしでバカラを楽しもうと機内wifiを使ってプレイしてみたいと思っております。恐らく通信速度の問題で上手くいかないと思いますが、ダメもとで試してみたいと思っております。

そう、以前出張時にVPNを使ってオンランカジノを楽しんでたのですが、一瞬VPNが途切れてしまい、海外IPに切り替わったことがありました。「まぁ、一瞬途切れただけだし大丈夫だろう」と思っていましたが、その次の日にカジノ側から連絡が来て、「〇〇月〇〇日〇〇時に〇〇秒間IPが海外IPに切り替わっていましたが、VPNを利用してプレイしていませんか?」というメールが来ました。

これはヤバイ予感がすると思い、「いや、システムエラーじゃないですか?」と強気にシラを切りました。

その時は1回目の失敗だったので、なんとかシラを切り通すことができましたが、その質問に対してどういう意図があったのか聞いてみると、オンラインカジノではVPNでのプレイは固く禁じられているそうです。(日本国内プレイヤーを対象にしている。)カジノによっては今後のプレイだけでなく、アカウントを抹消されて、出金も出来なくなることもあるみたいなので、皆様海外でのプレイは十分注意して下さい。

さて、今日はバカラ実践ブログ5回目になります。前回のチャレンジでは10回目にして失敗してしまいましたが、今回はちょうど前回の折り返し地点。「絶対に成功させる!」という気持ちで漲っております!

チャレンジ概要

1. 内容:攻略法を駆使して安定的に貯めたお金で、白か黒かの勝負に出る!
2. ベット開始額:$2
3. 使用攻略法①(勝利時):パーレー法
4. 使用攻略法②(敗北時):マーチンゲール法
5. 所持金:$500(8連敗まで可能 / 8連敗確率0.39%)
6. 1日の引上げ目安:$14(バーレー法で3連勝した時点 / 負けからの勝利を含めると4連勝)
7. ブログアップ頻度:毎週月曜日、水曜日、日曜日
8. 使用オンラインカジノ:カジノエックス

今回のプレイ内容

 

今回のプレイですが、いやー長引いた。

3回目で最短記録 ”5分37秒” を更新して、4回目で "8分40秒" と連続で一桁時間ゲームが続いていたのですが、今回は長かった〜!

ゲーム内容は勝ち負けが交互に続く一番辛い展開で、なかなか勝ち切れずに気が付けば1時間越え...もちろん、ベッティング改善前のチャレンジに比べれば、だいぶ時短してますが、前回、前々回が一桁時間ゲームだったので、今回は長く感じました。

とは言え、利益はしっかりと確保しましたが、やはり時間が長くなれば長くなる程「バンカー勝利回数」が増えるので、少しずつコミッションを取られてしまいますね。(これが、チリツモでなかなか大きくなるんです。)

このチャレンジをやってて気付くことは、カジノってやっぱり儲けてんだな〜って思います。

日本のパチンコやパチスロは、1台につき一人しかプレイできないのに対して、オンラインカジノは1テーブルに何百人、何億人でもプレイできる。スロットやジャックポットに至っては人件費、場所代がかかってないから、ドル箱状態ですよね〜

まぁその分、ペイアウトもパチンコやパチスロよりいいと言われていますね。(実際はベット金額、スピードがパチスロと全然違うので、金銭感覚のない内は大負けが続きますので要注意。←VITOも経験済み)

話が逸れてしまいましたが、そう今回の利益はハウスエッジで取られてしまい、最終+$8.9でした。(可能性は低いですが、順当に行けば$14のプランです。)

次回は、ベット額が$4以上になるとプレイヤーに賭ける、もしくはノーコミッションでプレイする等工夫してハウスエッジを減らしていきたいと思います!

今日の教訓

ロボットになった気分で感情、疲労は一切関係なし!

今日のゲーム

1. 総ゲーム数:95ゲーム(自分がベットしたゲーム数)
2. プレイ時間:1時間24分13秒
3. 勝敗:47勝42負6分

獲得金額

1. 報酬:+$8.9
2. 累計収支:+$72
3. 所持金合計:$572
4. コミッション:$5.1(カジノ側の手数料)

オンラインカジノランキング

onlinecasino_ranking
数あるオンラインカジノの、信頼性・使いやすさ・決済・ボーナス等に分類した調査と管理人が実際にプレイすることで得た情報をもとに評価した総合ランキングです。

総合評価を見る 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください