スクリル(Skrill)

【2019年版】スクリル(Skrill)とは?(オンラインカジノ決済)

現在、日本では使用できないスクリル(Skrill)ですが、電子決済サービスとしては非常に優れたサービスです。今後オンラインカジノユーザーの増加に伴い、日本でも利用できるようになることを願っております。ここではスクリルの現状について紹介致します。

スクリル(Skrill)について

 

皆さん、「スクリル(Skrill)」というサービスを知っていますか?スクリル(Skrill)は、24時間いつでもオンライン上で海外への資金移動ができるサービスで、現在ヨーロッパでは多くのオンラインカジノユーザーが利用しています。まだまだ日本での知名度は高くないですが、今回はこのスクリル(Skrill)というサービスをご紹介します。

会社概要について

スクリル(Skrill)はイギリスのロンドンに本部を置く「マネーブッカーズリミテッド(Moneybookers Limited)」という企業によって運営されています。こちらは2001年に設立されていて、元々Skrillの前身となる資金移動サービスの「マネーブッカーズ(Moneybookers)」というサービスを運営していました。その後スクリル(Skrill)に名前を変更し、現在まで続いています。

利用者数はなんと3000万人以上と言われており、現在はヨーロッパで最大の規模を誇るサービスとして知られています。

また、Skrillは、イギリスの銀行監督当局として知られる「Financial Services Authority(英国金融サービス機構)」で認可をされている安心安全なサービスなのです。最近では仮想通貨取引サービスも開始しました。

日本での利用について

現在、Skrillでは12ヶ国語に対応していますが、日本語には対応していません。また、日本国内からの新規アカウントも拒否される為、日本での利用はできないみたいです。白黒ラッシュでは、今後オンラインカジノの普及に伴いまた日本でも利用できるようになることを期待し、スクリル(Skrikll)の動向を継続的にウォッチしていきたいと思います。

 ランキングTOP3のオンラインカジノはこちら

TOP 3 online casino


ベラジョンカジノ

エンパイア777

パイザカジノ