モンテカルロ法

ローリスクで利益を増やす!オンラインカジノでモンテカルロ法

 

モンテカルロ法は数字や数列を使った戦略です。モンテカルロ法は勝率3/1(33.33..%)ゲームによく使われる戦略で、数列1、2、3を使用して、負けた時に直前に賭けた金額を右端に記入し、勝った時には数列の両端を二つ削除する方法で進めて行きます。しかし、この方法は勝率3/1(33.33..%)ゲームでは投資回収できますが、バカラのような勝率1/2(50%)ゲームには使えませんので、勝率1/2(50%)ゲームでも投資回収ができる方法を解説していきます。

モンテカルロ法のベット方法

 

モンテカルロ法は基本的に勝率1/3(3倍配当)ゲームに使われますが、勝率1/2(2倍配当)にも応用が可能です。しかし、勝率1/3(3倍配当)と勝率1/2(2倍配当)のゲームでベット方法が異なります。

勝率1/3(3倍配当)の場合

モンテカルロ法の基本数列は「1, 2, 3」です。
ゲームに負けた時は、前のゲームでベットした金額を右端に記録します。
ゲームに勝利した時は、左端の数字を2つずつ消していきます。
毎ゲームのベット金額は記録の両端を数字を足した数字になります。
ゲームに負けた時と勝利した時のベット額の流れは下記のようになります。

勝率1/2(2倍配当)の場合

勝率1/3(3倍配当)ゲームでは、勝利した時に左端の数字を2つずつ消しましたが、勝率1/2(2倍配当)ゲームでは必ず左端の数字を1つずつ消すようにしましょう。バカラは勝率1/2(2倍配当)ゲームですので、必ず勝利した場合は1つずつ消すようにしてください。

モンテカルロ法のメリットと注意点

メリット

モンテカルロ法はベット金額の増減が緩やかで、少ないリスクでゲームを楽しむことができます。また、最後の数列が1もしくは数字がなくなった時に利益が確定します。

注意点

「モンテカルロ法のベット方法」でも記載したように、勝率1/3(3倍配当)ゲームと勝率1/2(2倍配当)ゲームではベット方法が異なります。仮に勝率1/2(2倍配当)ゲームで、勝利した時に両端の数字を2つずつ消した場合、下記表のように今まで負けた金額を回収できない結果となります。

モンテカルロ法の対策法

 

バカラは勝率1/2(2倍配当)ゲームですので、モンテカルロ法を利用する際は勝利した時に両端の数字を1つずつ消すようにしましょう。

ポイント
1. 攻略使用タイミング:負けた時
2. 攻略使用準備:数列「1, 2, 3」を記入しておく。
3. ベット額:両端の数字を足した金額をベットする。
4. 勝負に負けた時:記録した数列の右端にベット額を記録する。
5. 勝負に勝利した時:記録した数列の両端を1つずつ消していく。
6. 攻略の終わり:記録が1もしくは、無くなった時に攻略終了。
7. 注意点:バカラで利用する時は必ず勝利した時に両端の数字を1つずつ消す。
 ランキングTOP3のオンラインカジノはこちら

TOP 3 online casino


ベラジョンカジノ

エンパイア777

パイザカジノ